※2

横山新代表幹事挨拶

就任挨拶

横山 敬

 

2月3日の総会で代表幹事に就任しましたが、コロナの高知県のステージは特別警戒中のため、総会には来賓もお招きせず、懇親会も無いなかでの寂しい船出となりました。

この二年間、コロナの影響で定例会も開催できていません。そんななかでも私たち経営者は少しずつ高知県経済を元に戻していく使命があります。本年度はコロナ対策を行いながら、制限は有りますが、委員会活動を進めて行くよう、前向きな行動をお願いします。

ガソリンや食料品など値上がりが続く中、コロナの影響で苦しんでいる人たちのためにも、私たち経営者が利益優先ではなく、社会に貢献し、従業員に還元するようにしないと、県民幸福度も上がるはずが有りません。

GKH委員会も本年度は働く人の幸福を研究するなど、今までと切り口を変えた活動を行いますので、私たちへ新たな気づきを示してもらえると期待しています。

昨年完成予定だった新たな10年ビジョンも、コロナの影響で議論の途中となり、本年度の宿題となりました。本来なら昨年完成して、委員会再編も行いたかったですが、それも出来ず持ち越しとなりましたので、今年度は必ず完成して発表しないと行けませんし、そのアクションプランに基づき、各委員会の今後の重点テーマも決めて行く予定です。

本会が設立した当初の、設立と行動の原則に「年度毎に重点的に 活動するテーマを決め、これに対応して委員会を設置する。委員会活動の 形骸化を防ぐため、委員会のスクラップアンドビルドを図る」と記載されていますので、委員会再編も検討中です。

また「代表幹事等は対外的には本会の代表であるが、内部では基本的に世話人との位置付けとする」と記載されています。まさに皆様のお世話役を担ったと感じております。皆様のご理解、ご協力をお願いしまして、就任の挨拶とさせて頂きます。

コメントを残す