※2

2020年度第12回GKH委員会議事録

2020年度第12回GKH委員会議事録

 

日時:2021年1月13日(水) 16:00~18:00

場所:高知市はりまや町1-7-7 川村ビル3F

出席者:岡村浩達、小川雅弘、奥村興二、刈谷敏久、久保雄一郎、舟越康浩、

堀田徹、弥勒美彦(8名)

 

議 題︓小川代表幹事挨拶 委員長挨拶

・GKHアンケート調査今後の予定

GKH関連指標の選定状況

 

・2021年度活動計画

活動計画(方針)の説明

高知大学との共同研究について

従業員幸福度(EH)、子供の幸福度

・2021年度GKH県民アンケート実施予定

 

次年度の開催予定  時間、場所共に同じ(変更可能性あり)

2021年度委員会: 2/17(水)、3/17(水)、4/21(水)、5/19(水)、6/16(水)、

7/21(水)、8/18(水)、9/15(水)、10/3(日)土佐の日

10/20(水)、11/17(水)、12/15(水)、2022/1/19(水)

 

懇親会:なし

 

 

議事内容

(小川)明けましておめでとうございます。今年は高知大学との共同研究もありますので宜しくお願いします。

(刈谷)GKH委員会は今回で今年度最後となります。本年も宜しくお願いします。今年度の振り返りはA3資料2つをご覧になって下さい。2020年度の活動方針と成果は総会で発表します。2021年度は県の方々にも出席して頂くようお願いしている。今年もGKHアンケートは出来る限りWebで実施する。15分から20分程度時間を取りますので田坂広志氏の日本型CSRの思想を読んでみて下さい。GKH委員会の基本方針は資料の通りであり、具体的な進め方は以下の通りです。

  • 月1回の委員会の開催
  • 高知大学との共同研究(働く者および子供の幸福度調査)
  • 高知県への移住促進のため、高知県民の幸福度をさらに高め、県外にアピールする方策を考える。
  • 幸福度指標導入先進地域や幸福度指標の高い地域を訪問し、意見交換や幸福度の高さの実態を視察していく(コロナ収束後)

(小川)高知大学との共同研究は2月18日に協定を結ぶ予定である。梶先生が従業員満足度、廣瀬先生が子供の幸福度を担当して下さる。

(刈谷)従業員幸福度と子供の幸福度の2つの指標がある。従業員の方は会員企業で実証研究しなければならない。そうでないとシンクタンクからドウタンクとなれない。

(弥勒)梶先生たちは従業員幸福度アンケートの経験はあるのだろうか。

(刈谷)恐らく土佐町の幸福度アンケートだけだと思う。田坂先生のCSRには他社で活躍という話もあるが人がどんどん辞めていき長続きしない会社では持続可能性が毀損していく。神奈川県の大川印刷は従業員同士食事に行ったり飲みに行ったりすると3,000円支給される。

(弥勒)うちの会社も製造、資材調達、研究、営業とある。梶先生としても大学側に何らかの成果を論文のような感じで出さないといけないのではないか。

(奥村)私は持って行きどころをやはりGKHが必要とした方が良いと考える。従業員の幸福度は経済団体、県民幸福度は県が担当し物心両面の満足度の指標が必要だと思う。

(堀田)従業員が満足していないとお客様にも満足してもらえない。安全、サービス、営業の満足はもちろんであるがES、CSとやっていると途中で何のためにやっているのかわからなくなる時がある。目標設定しづらい案件であるので軸がぶれないようにする事が必要である。

(岡村)私は働き始めの頃を思い出すと田坂先生の話もイメージしやすい。

(久保)車の購入の事を考えてもらうとわかりやすいと思うが購入前は楽しいが3週間程度でそれが当たり前になる。また給料も例えば3万円昇給したとしても1か月後にはそれが当たり前になる。つまり地位財は幸福度が長続きしない。一方、仕事を通じて他人に喜んでもらえることは幸福度が長続きするが普段あまり言葉にしないのでどう発信していくかが難しい。

(刈谷)経営者が使命感を持っていないと従業員にわかるだろうし。

(舟越)以前の会社で従業員満足度を調査機関が入ってアンケートを取ったことがある。パワハラやセクハラという話が出たがアンケートをすることで愛社精神が湧いてきたという答えが多かった。満足度調査によって幸福度が上がって来た。

(刈谷)私も事務所通信を3ヶ月に一度出しているがその中に企業は儲けないといけないがその利益を公平に使わないといけないと書いた。刈谷事務所のホームページからもご覧になって頂ける。拝金主義、株主資本主義が言われてきたが変化のスピードが速い中で生業をもう一度考えてみる必要がある。

(弥勒)田坂先生の日本型CSRの思想は5年ぶりに読んだ。会社であれば何のために存在するのかといった原点に立ち返る事が必要では。

(刈谷)従業員が出て行った時、本当に喜んで見送ってあげられるか。

(弥勒)正直、優秀な社員に出て行かれるのは寂しいが。

(刈谷)いずれにしても従業員幸福度アンケートに関しては我々が動かないといけない。

(小川)フューチャーデザインが6回ありますがぜひ皆さんにも参加してもらいたい。

 

 

以上

コメントを残す