※2

2019年度第8回GKH特別委員会 議事録

2019年度第8回GKH特別委員会 議事録

出席者 伊東端文、小川雅弘、梶英樹、刈谷敏久、久保雄一郎、黒笹慈幾、

西條辰義、中澤清一、舟越康浩、弥勒美彦、横山敬、渡邊基文、中川義典(13名)

日時:2019年8月29日(木) 16:00~18:00
場所:高知市はりまや町1-7-7 川村ビル3F

議題:弥勒代表幹事、小川代表幹事挨拶 、委員長挨拶
・GKHアンケートの中間報告

・7月17日 アンケート開始~7月31日 アンケート締め切り

・回収状況:Web版 1,776件 紙媒体 2,371件 合計4,147件

8月1日~ Excelに入力(中澤さん、武樋さん、堀田さん、佐竹さん、奥村さん、久保さん、刈谷さん)

8月6日 入力終了 ご協力頂きました皆様には心より感謝申し上げます。

8月7日 分析終了(梶先生、松本さん(日銀高知支店))

【以降予定】

9月18日 指標確認

10月3日 発表(土佐の日)

・フューチャーデザインについて(高知工科大学 西條辰義教授)

今後の開催予定 時間、場所ともに同じ(一部変更あり)
8月29日(木)、9月18日(水)19日から変更、10月3日土佐の日(城西館)、10月23日(水)16日から変更、11月14日(木)定例会(城西館)、12月19日(木)

懇親会:委員会終了後~ 「弥栄園(みいろんゆん)」 088-861-3615
会費:5千円

議事内容

(刈谷)本日は高知工科大学の西條教授、中川教授にもご出席頂いております。

(弥勒)来年4月に全国大会がある。東京の経済同友会で9月2日予算の打ち合わせ等がある。全国大会の日程は4月15日、16日、17日、15日夜は2010年同様桂浜で前夜祭がある。

(小川)11月9日に県立大学の永国寺キャンパスでフューチャーデザインのワークショップを行うので本日は西條教授、中川教授にお越し頂いた。フューチャーデザインを来年の全国大会の分科会のテーマにするよう9月9日の幹事会で決めたい。

(刈谷)先生の時間のご都合もありますのでフューチャーデザインについて西條先生よりご説明して頂きます。

(西條)フューチャーデザインは2012年から研究開始し、2015年から本格研究開始された。人口増、GDP増、水の使用量増により二酸化炭素の排出量が増え、生物多様性が失われている。将来世代に持続可能な自然環境と人間社会を引き継いでいくためにどのような社会の仕組みをデザインし、実践すれば良いのか、現在の価値が減るとしても、これが将来世代を豊かにするのなら、この意思決定・行動、さらにはそのように考えることそのものがヒトをより幸福にするという考え方であり、ヒトの〈将来可能性〉を生む社会の仕組みのデザインとその実践がフューチャーデザインである。

(刈谷)フューチャーデザインの考え方を来年の全国大会に取り入れていきたい。

(小川)現在から2050年、2060年を見るのではなく、2050年、2060年から現在を見たらまた考え方が違ってくるのではないか。11月9日(土)永国寺キャンパスにて13時30分から17時までワークを行う。

(中川)私たちが自分の人生を振り返った時、やった後悔、やらなかった後悔があると思うが将来世代においてはやって後悔したほうが良いのでは。

(刈谷)7月1日から7月31日まで実施したアンケートはWeb、紙を合わせて4,147部である。8月6日に入力を終了し、8月7日から分析、9月18日には指標確認、10月3日土佐の日に発表したい。

(梶)データを昨夜もらったばかりである。アンケート4,147部有効でうち4,078部は県内、69部は県外である。問14のお住まいはどちらかという質問に答えていない69部を県外とし、4,078部をベースに資料をまとめた。

(刈谷)前回アンケートより客観度は高くなっていると思う。

(弥勒)門真市との比較は可能か。

(梶)門真市以外にも質問に違いはあるが荒川区、熊本など比較可能な自治体は30ある。

(刈谷)高知の強み、弱みを中心にまとめていけたら良い。

(渡邊)当日会場でスマホを使いアンケートを5分くらいで実施しその場で結果を発表できるようにする。

(刈谷)しあわせ推進会議の入会のお願いもしたい。10月3日13時30から14時30分まで設立総会もある。

(黒笹)11月14日の定例会には観光施策としてビーパルの編集長を呼ぼうと思う。連絡すれば本日中に答えは出ると思う。

(刈谷)我々も高知のことを意外と知らない。分科会には土井健司先生ほか4名のパネリストを予定している。

以上

コメントを残す