※2

2022年度 地方行財政改革委員会 第4回 委員会

1.開催日時  2021年 6月13日(月曜日) 17時30分
 
17時30分  「一般財団法人高知県地産外商公社 概要と取り組みについて」
一般財団法人高知県地産外商公社 代表理事 松村様
18時10分  フリートーク、質疑応答
18時30分  懇親会

2.開催場所  追手筋宴舞堂 3Fルーム 高知県高知市追手筋1丁目3−4
3.懇親会    追手筋宴舞堂

出席者(順不同、敬称略):佐竹新市、池田 法広、井戸 啓彰、岡村 岳尚、奥村 興二、水野 大樹、関 浩明、谷脇 匡晃、西山 正晃、三木 英稔、若松 ひとみ、濱田直隆、中澤清一、横山公大(以上14名)

17:30 一般社団法人高知県地産外商公社 概要と取り組みについて

講師:一般社団法人高知県地産外商公社 代表理事 松村様

高知県は1次産業(農産物)黒字
2次産業は弱い
県は担当も変わるし補助金だけ出してくれたらいいという声に対抗して公社を設立

新型コロナへの対応と1年の総括

個別企業への営業件数
外商局15人で営業件数は3215回

先週はショウガ、ミョウガの日ということでイベントを行った

3.アンテナショップの運営
営業時間の短縮を行う
お酒への影響は非常に大きい
ただ、大手は多人数の飲み会はまだ禁止している

物販は好評だが飲食はまだまだ
総合するとほぼトントン
令和2年は2900万の初赤字

4.高知県の情報発信
コロナでアンテナショップ巡りが増えている

【展示商談会への参加企業者への推移】
平成28年から充実してきた

公社のパイプ(人間関係)を活かした商談会を積極的に行っている

【ショップデータ1】
人間関係+提案力を上げる事によりさらなる売り上げアップを図る

【ショップデータ2】
水産加工品=カツオたたき
菓子・アイス=ケンピ・ミレー

物販 客単価 1400円
ランチ 客単価 2800円

【外商の成約件数、成約金額等】
令和元年度が過去最高

【プロモーション】

(以前広末涼子さんに高知家プロモーションに出てもらった
過去にやると継続的に200万年間負担がかかる…)

お土産買うなら空港よりアンテナショップを!

谷脇
9ページ制や基金額59億円はまるごと高知の収益とは別ですか

松村理事
公社の収益ではない。聞き取り結果となります。

谷脇
大阪にアンテナショップを作る予定は

松村理事
県も検討している
各県も出しては消え出しては消え
新潟県はどんと出しているが…
大阪はアンテナショップが難しいねとなって皆二の足を踏んでいる
アンテナショップを出すのは4億円,5億円の投資
投資効果が難しい

中澤
初めて作るときにどこに気を付けるか?
牧野植物園等で

松村理事
商談会でアドバイスしている。商品の磨き上げに協力している

お客さんは裏のラベルを見る

展示会でよその件は社員が出てこないがうちは紹介する

東京に行くと牧野富太郎コーナーがあってそこでほぼそろう、定番のものをそろえたい


思ってたビジネスモデルと違う
公社の売り上げはアンテナショップの物販と飲食
それ以外は公社の方は通らないんですね

松村理事
因みにうちに置いているものはすべて買い取っている

岡村
お昼行列を作って待っている方々に対して動画は流してますか、PRは?
高知空港に高知家グルメナビを配ったら東京で高知の店に行ってもらえるのでは?

松村理事
高知のビデオを流している
東京事務所でグルメナビを配ろうという話は出たりしていた

デパート直轄で高知イベントをやる場合もある
デパート系はホテル系よりも高い