※2

第一次産業活性化委員会(2020.2.17)

日 時  2020年2 月17日(月) 16:00~17:15
場 所  四国総合ビル3F会議室 高知市菜園場1-12
参加者  会員13名

 

議 題
(1) 2020年度の委員会の取組みについて
協働プロジェクトに関する協定に基づき、CLT普及等を通じた国産材の利用促進による林業活性化の取り組みへの提言について、以下のポイントに留意し、提言書作成に向けた協議を進めることとした。

(協議のポイント)
〇 まず、何に焦点を絞って協議を行うか。
〇 林業の本業部分に踏込むような協議ではなく、企業家として一次産業をどのように活用するか。

 

(2)「林業の活性化・県産木材の利用促進について」
高知県 林業振興・環境部 木材産業振興課 企画監 谷脇勝久 氏
谷脇氏よりCLT普及等を通じた国産材の利用促進による林業活性化の取り組みについて、協働プロジェクトにおける経緯や、高知県の活動状況、成果や課題、今後の取り組みの方向性について説明いただき、委員との意見交換を行った。

(主な意見等)
〇 需要者側への県の施策はどのようなものがあるか。(⇒木造設計・建築に対する補助金制度の実施等)
〇 CLT普及について、まずBCP対策による公共施設の移転にターゲットを絞ってはどうか。
〇 国の関与等、太陽光発電事業のような進め方でないと、爆発的な需要の拡大は望めないのではないか。
以上

コメントを残す