※2

令和元年6月防災委員会議事録

令和1年6月 防災委員会 議事録

 

日 時:令和 1年6月19日

会 場:ラ・ヴィータ

委員会:19時から

懇親会:20時から

 

■全国セミナー(4/15~17)・四国懇談会のご案内(高野氏・森本氏)

■防災委員会 小委員会報告

  • 避難所対策部会からの提案(吉末副委員長)

【世界に誇れる防災センターを高知に造る!】

全国各地には、約160ヶ所の防災センターが存在するが、防災先進県を前面に出している高知県には防災センターが存在していない。

そして現在、全災害対応型の防災センターは世界にない。

世界初の全災害対応型の防災センターを建設することで、災害に強い防災先進県高知をPRし、世界からのインバウンドも同時に達成する事ができる。(中心市街地の活性化・高知県全体の活性化)建設財源については様々な議論が必要であるが、候補地は【西敷地】とし、土佐経済同友会をはじめ、その他各種団体にもご理解頂き発信してもらい、御論を活性化させていきたい。

 

  • 企業の高台移転部会からの報告(漁師委員)

【高台移転を推進するためには、都市計画マスタープランの変更!】

南海トラフ巨大地震が発生した際、長期浸水・地盤沈下(1.9m)が想定されている高知市。また長期浸水の期間は実に1.5~2ヶ月。

(高知県・高知市の討論会には発表)そうした想定があるにも関わらず、現状の都市計画マスタープランでは企業の高台移転等は非常に難易度が高く難しい。当委員会では、マスタープラン変更に向けて議論を加速させていきたい。

 

■その他

■次回開催予定確認 (令和1年7月25日)

■出席者 20名

以上

コメントを残す